医師開発の “血管ストレッチ” “血管トレーニング” 機器です。
駆血治療機特許取得(機器)/国際特許取得(特殊カフ)

楽楽★BODY CHANGERプログラム とは?

◆ 運動が苦手な方

◆ 食事制限をしてリバウンドを繰り返し断念してあきらめた方

◆ 血流・血行改善をしたい方

◆ 運動をしているが思うように結果が出ない方

◆ 代謝の良い身体を作りたい方

◆ 楽にできる健康増進をお求めの方

◆ 今まで、いろんなダイエット法で結果の出なかった方

◆ 維持継続の可能なスタイルアップ法をお探しの方

◆ ご年配の方の転倒予防、痴呆症防止に

◆ 自立神経調整をしたい方

◆ 時間が少なくても出来る時短、速攻効果のBODY MAKE法をお探しの方

こんな方に最適です!

MCC・MCT・MCT top pro.開発の経緯(約1分)

MCC/MCTの安全性について(約1分)

最小努力、最短時間、最短期間の効果のメカニズムについて(約1分)

MCC/MCTの原理原則について(約3分)

どんな方にご使用いただきたいかについて/福田先生からのメッセージ(約1分)

■クリニックでの機器を使用したリハビリ風景

■ユーザーインタビュー

■特許

​『血管年齢』ご存知ですか!?

「病気もなく、ずっと元気に健康で生きていけたらいいな・・・」
「いつまでも若々しく、美しくありたい・・・」
と、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。 

それでは健康で美しくあるために、まずは何をしたらよいのでしょうか? 
健康と美しさの鍵それは「血管年齢」です。

健康と美しさの鍵は “血管年齢” です!

生命活動に欠かせない組織「血管」その長さは地球の約2周半!

血管は
 ・全身に酸素や栄養素を送る
 ・二酸化炭素や老廃物の処理
 ・体温調節
など生命の活動には欠かせない役割を持った組織です。血管を全てつなぎ合わせると、その長さは約10万kmにもおよび、地球を約2周半するとも言われています。
この長さと働きによって、私たちのカラダは生命活動の維持ができているのです。
しなやかで若々しい状態の血管であれば全身に血液を巡らせることができ、健康に良い影響をもたらします。しかし、硬く、厚く、狭い、老いた状態の血管(動脈硬化)になってしまうと、血液の流れが停滞し、様々な不調を起こします。全身の健康を保つ為には「血管のしなやかさを維持」することが大切です。

血管だって年をとる。注目の「血管年齢」とは

血管年齢とは血管が何歳くらいの状態なのかをわかりやすく表した指標です。
血管が硬ければ硬いほど血管年齢も高くなっていきます。
つまり、「血管年齢が高い」=「血管の老化」といえます。
人間のカラダは年をとるにつれて徐々に衰えていきます。それは、血管も例外ではありません。
血管のしなやかさが失われて血管年齢が高くなり、「動脈硬化」が進むと、心筋梗塞や脳卒中などの血管事故につながる危険性があります。血管年齢は、生命に危険を及ぼす血管事故リスクの指標になるといえるかもしれません。

別名“サイレントキラー”。「動脈硬化」にご用心

「動脈硬化」には、下記の2種類があります。


○カチコチ血管タイプ
血管のしなやかさが失われてカチコチに硬く、もろくなります。
血圧の上昇などにより血管が破れやすくなり、脳出血やくも膜下出血などを引き起こすリスクが高まるといわれています。


○デコボコ血管タイプ
デコボコのコブができて、狭く、詰まりやすくなります。
「プラーク」というコブ状の膨らみが血管内にできやすくなり、血圧の上昇などによってこのプラークが傷つくと血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすとされています。

厚生労働省「人口動態統計」(平成27年)

日本人の主な死因の23.9%、つまり約4人に1人が心筋梗塞や脳卒中などの血管事故で亡くなっています。このデータからもわかるように、血管事故は決して珍しい病気ではなく、誰にでも起こる可能性があるのです。

また、動脈硬化は、自覚症状が無いまま進行し、ある日突然重篤な病を引き起こすことから、“サイレントキラー(静かなる暗殺者)”という恐ろしい名前でも呼ばれています。

「いつの間に、こんな状態に!?」とならないように、健康でしなやかな血管を保つため、まずは血管ケアを意識した、生活習慣に切り替えてみませんか?

Copyright(C) CHARITES JAPAN .All Right Reserved.